筑豊電鉄


九州電気軌道が黒崎から筑豊を経て福岡へ至る鉄道として計画し、
また博多湾鉄道汽船も北九州から福岡までの鉄道を計画、
これらの会社が合併して出来た西日本鉄道が戦後に免許を出願、
西鉄の完全子会社として1951年2月15日、筑豊電気鉄道が誕生した。

1956年3月21日、貞元(現・西熊)−筑豊中間間が開業し、
西鉄北九州線に乗り入れて黒崎までアクセスした。
1959年9月18日には筑豊直方まで延伸開業したが、
その先は山岳路線となりトンネルを掘る資金力がなかったため、
1971年に免許を失効した。
2000年11月26日に西鉄が北九州線を廃止され、
黒崎駅前−熊西間は鉄道に変更され西鉄が第三種鉄道事業者となり、
筑豊電気鉄道が第二種鉄道事業者として残った。

停留所

筑豊電鉄が敷設し所有する区間は熊西−筑豊直方間で、
黒崎駅前−熊西間は西鉄が北九州線という軌道区間に乗り入れていたが、
2000年11月26日に北九州線が廃止されると軌道法から鉄道事業法に変更され、
西日本鉄道が第三種鉄道事業者となり、
筑豊電気鉄道が第二種鉄道事業者となった。

筑豊電気鉄道線
黒崎駅前−西黒崎−熊西−萩原−穴生−森下−今池−永犬丸−三ヶ森−西山−通谷−東中間
−筑豊中間−希望ヶ丘高校前−筑豊香月−楠橋−新木屋瀬−木屋瀬−遠賀野−感田−筑豊直方


車両図鑑

2000形は3両連接の西鉄譲渡車である。2両連接車も譲渡されたが、全廃された。
3000形は新造車で2両連接の路面電車タイプである。

車両データ
形式名 編成数 車号 製造年 変遷・特徴
2000形 7編成 2001〜2007 1957年〜1967年 旧西鉄福岡市内線1000形を改造
3000形 9編成 3001〜3009 1988年〜1989年、
1995年〜1996年
新造車、一部機器を2000形2連接車から流用

参考資料
 ※鉄道ファン 第45巻第5号(通巻529号)都市交通新世紀23 筑豊電気鉄道 服部重敬
 ※Wikipedia 筑豊電気鉄道 http://ja.wikipedia.org/wiki/



REI RINGONO lightrail
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2009