福井鉄道


福井鉄道は武生新から福井駅前を経由して、
田原町までを結ぶ福武線を所有する地方鉄道である。

1921年12月22日に福武電気鉄道として設立され、
1933年10月15日に福武線が全通した。
1941年7月2日に南越鉄道を合併、
1945年8月1日に鯖浦電気鉄道などを合併、
ここに福井鉄道として発足する。
市役所前−田原町間が開業したのは戦後になってからである。
鯖浦線、南越線は全線廃止されている。

現在は名古屋鉄道のグループ会社となっている。

停留所

福武線は鉄道線と軌道線に分かれているが、直通して一体として運行されている。
かつては鉄道形車両が主流だったが、
名古屋鉄道の岐阜線廃止に伴い、軌道用車両形車両が大量に譲渡された。

福武線鉄道線区間
越前武生−北府−スポーツ公園−家久−サンドーム西−西鯖江−西山公園−水落−神明−鳥羽中−
三十八社−泰澄の里−浅水−ハーモニーホール−清明−江端−ベル前−花堂−赤十字前−

福武線市内軌道線区間
商工会議所前−足羽山公園口−市役所前−裁判所前−田原町
                |
              福井駅前


車両図鑑

客車車両としては鉄道形車両単車2両、2両連接4編成、
軌道形車両単車2両、2両連接車9編成が在籍する。

車両データ

鉄道形車両
形式名 両数 車号 製造年 変遷
200形 1編成 203 1960年・1962年 新造車
300形 0編成   1966年・1967年 元静岡鉄道クモハ300、クハ300、全廃
600形 1両 602 1971年・1974年 元名古屋市営地下鉄1100形、1200形
610形 1編成 610 1974年 元名古屋市営地下鉄1100形、1200形

軌道線形車両
形式名 両数 車号 製造年 変遷
770形 4編成 770-771〜776-777 1987年 元名古屋鉄道モ770形
800形 2両 802、803 2000年 元名古屋鉄道モ800形
880形 5編成 880-881〜888-889 1980年 元名古屋鉄道モ880形
F1000形 4編成 F1001〜F1004 2013年〜2016年 新造車、愛称「 FUKURAM」

参考資料
 ※鉄道ファン 第45巻第8号(通巻532号)都市交通新世紀24 福井鉄道 服部重敬
 ※Wikipedia 福井鉄道 http://ja.wikipedia.org/wiki/



REI RINGONO lightrail
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2008-2017