函館市電



函館市電は函館市交通局が運営する路面電車で、
JR函館駅を中心に函館市内を走る。

1897年12月12日に亀函馬車鉄道として開業し、
1911年に10月1日に函館水電に合併し、徐々に電化されていった。
函館水電は幾つかの合併を繰り返し、
電力統制のため、1943年2月3日には道南電気軌道に譲渡された。
更に陸上交通事業調整法により、
同年11月1日に函館市に移譲され、現在に至る。

1959年の最盛期には17.9km、12系統が存在したが、
一部路線が廃止になり現在では10.9km、2系統になった。

停留所

現在、廃止路線の関係上、2系統と5系統で運行されているが、
湯の川−十字街は同一区間であり、
十字街で分岐して、2系統は谷地頭、5系統は函館どつく前に行く。

2系統・5系統

湯の川−湯の川温泉−市民会館前−駒場車庫前−競馬場前−深堀町−
柏木町−杉並町−五稜郭公園前−中央病院前−千代台−堀川町−昭和橋−
千歳町−新川町−松風町−函館駅前−市役所前−魚市場通−十字街−

2系統

−十字街−宝来町−青柳町−谷地頭

5系統

−十字街−末広町−大町−函館どつく前


尚、路線名では湯の川−松風町間が湯の川線、
松風町−函館駅前間が大森線、
函館駅前−函館どつく前間が本線、
十字街−谷地頭間が宝来・谷地頭線となる。


車両図鑑

営業車両単車32両、連接車1編成、花電車3両、排雪車2両が在籍する。
営業用単車にはレトロ電車1両、カラオケ電車1両が存在する。

車両データ

営業用車両
形式名 両数 車号 製造年 備考
30形 1両 39 1993年 元排雪車・排2、「箱館ハイカラ號」
500形 2両 501、530 1948年 501号車は「カラオケ電車」
700形 10両 715、716、
718〜724
1959年〜1961年  
800形 2両 811〜812 1963年〜1966年  
1000形 0両 1960年 旧・東京都電7000形 
2000形 2両 2001、2002 1993年・1994年  
3000形 4両 3001〜3004 1993年〜1996年  
8000形 9両 8001〜8009 1962年・1963年 800形車体更新車
8100形 1両 8101 1963年 2002年更新、「部分低床車」
9600形 2編成4両 9601、9602 2007年、2010年 連接低床車、「らっくる号」

その他の車両
形式名 両数 製造年 変遷
排雪車 2両 1937年〜1939年 ブルーム式排雪車
装飾車 3両 1936年 1971年改装


REI RINGONO lightrail
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2006-2012